思わずWho are you?同窓会では想像力が大事

Who are you?

年数を経てからの同窓会には想像力が大事です。

何のことかわかりますよね。

卒業後もつき合いの続いている友人ならともかく
何十年ぶりに会う同窓生との再会にはつきもののハプニングです。

君は/貴女はどなたでしたっけ?

あの人は誰だっけ?

えぇーっ、あれが○○君/さんだって?

夢にまで見ていたあの人との再会。

想像とはあまりにもかけ離れたその風貌…

まぁそうですよね。

誰しも若かりし日の姿がそのままであろうはずもありません。

当時の面影とはほど遠く、
臨月を思わせるような下っ腹を抱えた人、
無残にも禿げ散らかった人など。

私も人のことは言えませんけど…。

話をしていたら自分の思っていた人と別人だったなんてこともありました。

稀に逆のケースもありますけどね。

20~30代での同窓会とは違って40~50代の同窓会なんてどこもこんな感じでしょう。

「あの人は誰だ!クイズ大会」みたいなことになってしまいます。

でもそれも一興です。

現在から時間を逆戻しに想像力を働かせると…
懐かしい笑顔が蘇ってきました。

ああ○○君/さんか!握手と抱擁の瞬間です。

やっと感動の再会が実現しました。

一気に昔の思い出話、
これまでの人生、近況の話でそこら中で花が咲き始めるのです。